1. ホーム
  2. アトピーと腸内環境
  3. ≫オナラ臭い理由はアトピーが原因?腸内環境の改善でアトピー改善!

オナラ臭い理由はアトピーが原因?腸内環境の改善でアトピー改善!

あなたのオナラは臭いですか?

 

『オナラは臭いもの!』って思っていませんか。実は、健康で腸内環境が良い方のオナラは全然臭くないのです。オナラが臭い理由は、腸内の悪玉菌が原因なんです。

そのオナラの臭いがアトピーとどういう関係があるのでしょうか。ちょっと詳しく見てみましょう!

まずは、アトピーとオナラの関係の前に、腸内細菌の仕組みを説明しますね。

腸内を司る3つの菌

腸内には善玉菌と悪玉菌と日和見菌という大きく分けて3つの種類の菌があります。簡単に説明すると、

善玉菌

悪玉菌をやっつけたり、免疫力を高める力がある善玉菌は腸内でなくてはならない細菌です。有名な善玉菌は乳酸菌(ビフィズス菌)。炭水化物を分解する。

悪玉菌

発がん性の物質や毒素のある有害物質を作り出す菌。悪玉菌が増えると下痢や便秘になりやすくなる。有名な悪玉菌は大腸菌、ウェルシュ菌。タンパク質や脂肪を分解する。

日和見菌

日和見という言葉の意味は、『有利な方につくこと、形勢を伺うこと』という意味で、その意味の通り、『善玉菌が優位の時は、善玉菌の働きをし、悪玉菌が優位の時は悪玉菌の働きをする。』という菌です。

上記の3種類の菌は、通常の健康的な町であれば、善玉菌15%、悪玉菌10%、日和見菌75%の割合で腸内に潜んでいるのですが、善玉菌と悪玉菌の割合が偏ってしまうと腸内環境が悪くなり、さまざまな弊害をもたらします。

悪玉菌が増える一番の理由とは?

では、悪玉菌が増える理由というのはなんなのでしょうか。代表的なのは脂質やタンパク質の食事を食べ過ぎるということでしょう。

脂質やタンパク質を分解するのはウェルシュ菌などの悪玉菌です。つまり、悪玉菌の餌が大量に腸に存在する状態では、悪玉菌がどんどん繁殖してしまい、その結果、腸内細菌が悪玉菌優位になってしまうのです。

悪玉菌によって分解されたタンパク質はアンモニアや硫黄化水素などのニオイ成分こそが臭いオナラの原因なのです。

さらに、このニオイ成分は交感神経を刺激することによって、活性酸素を増やしたり、免疫力を抑制したりするので、体にとっては非常に厄介な存在です。

つまり、臭いオナラは腸内環境が悪くなっている証であり、その状態を放置していると、なんらかの病気が発症する可能性が高いのです。

そんな悪玉菌がなぜアトピーと関係があるのでしょうか。

アトピー患者の腸は悪玉菌が多い!?

体の免疫機能の約60%は腸内の細菌によって司られているのはご存知ですか。つまり、腸内の善玉菌が多いと、免疫力が高まり、外敵から身を守ってくれるのです。反対に、悪玉菌が多いと、免疫機能が低下し、ウイルスや細菌に負けてしまうのです。

さて、そんな体の免疫機能がある腸内細菌ですが、実は、アトピー性皮膚炎の患者さんの多くは、一般の方と比べると、善玉菌が少なく悪玉菌が多い傾向にあると言われているのです。

これはあくまでも『傾向がある!』という程度ですが、その実感は私にもあります。

その証拠は、オナラが臭いから!

1年365日、四六時中オナラが臭いかというとそうではありませんが、臭い日の方が多いような気がします。おながら臭いということはニンニクやニラを食べたか、悪玉菌が優位に働いているかのどちらかです。

普通に考えると、悪玉菌が優位な状態であるのでしょうね。

悪玉菌を減らすために効果的な方法とは?

臭いオナラから臭くないオナラにするためには、いろんな方法があるのですが、やはり効果的な方法は野菜中心の食生活にする!ということでしょう。

肉類などの高タンパク食事は、腸内の悪玉菌の絶好の栄養素であり、これらを大量に食べ続けると、いつまでたっても悪玉菌優位の状況に変わりありません。

高タンパク食事から炭水化物中心の食事、いわゆる和食中心の食事に移行すると、オナラのニオイもましになるでしょう。

即効性のあるオススメの腸内環境最適化法

普段の食事を洋食から和食中心に変えるだけで、劇的にオナラのニオイは臭くなくなります。これは、腸内環境が善玉菌優位の状態になった証です。

しかし、普段の食事を和食中心にすることは、口で言うのは簡単ですが、実行するのは難しいもの。

  • コロッケやトンカツ、唐揚げといった揚げ物を食べない!
  • バターが入っているからパンは食べない!
  • 卵も牛乳も食べちゃダメ!
  • フライパン料理は控える!
  • 煮物や焼き物が中心!
  • 肉ではなく大豆からタンパク質をとる!

これらを実践しなくちゃいけないんです。結構大変ですよね。

そこで、強制的に腸内環境を善玉菌優位の状態に持っていく方法があるのです。それは、善玉菌サプリを摂取すること。

一般的に、善玉菌の摂取はヨーグルトに含まれる乳酸菌を摂取すれば良いと言われていますが、アトピー患者に乳製品は御法度。

乳製品を食べることによって、善玉菌が増えたとしても、アトピーの肌あれば悪化しますからね。そこで、乳製品から乳酸菌を摂るのではなく、乳酸菌そのものを摂取する方法がお勧めなんです。

例えば、こちらの森永乳業のビヒダスBB536という善玉菌サプリ。

 

ビヒダスBB536

 

こちらの善玉菌サプリメントは、大手食品メーカーの森永乳業が開発した乳酸菌サプリメントです。

BB536という種類の乳酸菌が、生きたまま腸に届き、腸の中を正常な状態に戻してくれると言われています。

腸内環境を正常にする効能があると言われている乳酸菌サプリメントは世の中にたくさんありますが、その中でも、わたしがビヒダスBB536を選ぶ理由は、

 

カプセルで飲みやすいこと!

カプセルタイプになっているととっても飲みやすいです。毎朝ヨーグルトを食べるよりもはるかに食べやすく、しかもカプセルタイプにしているので乳酸菌が胃酸に負けにくく、生きたまま腸に届いてくれているのでしょう。


乳酸菌サプリの中ではかなりリーズナブルであること!

乳酸菌サプリは、各メーカーが販売されていますが、ビヒダスBB536はランニングコストが安いのが嬉しいです。

しかも、初めての方限定で定期コースなら送料無料&1袋1,835円で購入できるので、1日あたり60円とヨーグルトを食べるより安い!


大手食品メーカーの森永乳業が作っていること!

サプリメントを選ぶ際に大事なことは、サプリメントの信頼性。身体に外のある成分が入っていたり、不純物が入っていると全く意味がないわけです。

その点、大手食品メーカーである森永乳業が作成したビヒダスBB536は基準をクリアした安全性で、誰でも安心して飲むことができるのです。


口コミがいいこと!

ビヒダスBB536を飲んでいるユーザーは、飲んで得られた効能が良いと評判で、多くの方がリピーターとなっているようです。

口コミがいい商品というのはとても魅力的な商品ですね。


効果が実感できたこと!

最後は、わたしの完全な主観、実感。

効果が実感できたことがオススメの最大の理由です。

最初の1週間ぐらいは、その効果が疑わしかったのですが、続けていくうちにオナラの臭いが軽減されていったような気がします。


善玉菌サプリメントは他にもたくさんあり、ビヒダスBB536以外にも有名な商品で言えば、乳酸菌革命や善玉菌のチカラという商品もあるのですが、いろいろ飲んでみたわたしの感想は、ビヒダスBB536の方が効果アリ!

ビヒダスBB536

ビヒダスBB536を飲んで腸内環境を良くすると、おのずと免疫力が高まります。

腸内環境が正常化され、善玉菌優位になると、アトピー症状の改善も期待でき、一石二鳥なんです。

もちろん、個人の体質によっても、効果の現れに違いがありますので、1ヶ月1,835円で試してみて、効果がなければサプリメントに頼らない体質改善を目指しましょう!

 

ビヒダスBB536の公式販売ページはこちら

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。