1. ホーム
  2. アトピーと乳酸菌
  3. ≫乳酸菌サプリメントでアトピーは治らない本当の理由

乳酸菌サプリメントでアトピーは治らない本当の理由

乳酸菌がアトピーに効くらしいよ!

 

そんな言葉を聞いたことはありますか?実はこの『乳酸菌とアトピーとの関係』は本当です。乳酸菌にはアトピーの症状を改善させる効能があるものがあり、それが巷では少しずつ有名になってきているのです。

 

ただ、『乳酸菌とアトピーとの関係』は多くの方が間違った認識を持っているような気がします。そこで、今回は、乳酸菌によって症状を改善させることができたわたしの体験談を踏まえて、乳酸菌とアトピーとの関係を紹介しますね。

アトピーと乳酸菌の関係

どう考えても『乳酸菌でアトピーは治らない!』

間違ってはいけないのは、

 

乳酸菌を摂取したからと言って、それだけでアトピーが改善するということはありません!

 

という事実です。もう考えてみればわかることなのですが、乳酸菌を飲むだけでアトピー性皮膚炎が完治するなんてことはありえませんよね。

 

乳酸菌だけでアトピーが治るなら、アトピー専門の皮膚科にあれほど行列ができたりしません。

 

そもそも、アトピー性皮膚炎の皮膚というのは、皮膚の炎症によって肌の水分が失われてカサカサとなっている状態とか湿疹やかきむしりによるあかぎれが起こっている状態です。

 

これらの状態は、肌の細胞組織が正常ではないということ。

 

肌の細胞組織が正常にならないと、『アトピーが治った!』って言えないのですが、この肌の細胞組織を正常にする方法は、実はたった一つしかありません。

 

その方法とは、肌の再生(肌のターンオーバー)です。

 

古い皮膚が剥がれ落ち、内側から新しくて綺麗な肌が現れることによってのみ、正常な肌になるのです。

 

アトピー性皮膚炎の特効薬と言われているステロイドも、この肌の細胞組織を正常にするのではなく、肌の炎症を沈める働きがあるだけです。

 

ステロイドの仕組みは、炎症を抑えて、肌の再生(ターンオーバー)サイクルを正常にすることです。ステロイドによる炎症抑制効果がないと、肌の炎症によって肌の再生(ターンオーバー)サイクルが短くなり、その結果、本来の肌の組織が正しく準備できていない状態で次の肌が皮膚表面に現れてしまうので、いつまでたっても弱い肌のままです。

 

弱い肌はちょっとの掻きむしりでも傷ついてしまいます。かきむしって傷ついた肌は炎症を起こし、またまた肌の再生サイクルが短くなる。

 

完全に悪循環ですよね。ステロイドは、この悪循環をストップさせるために肌の炎症を抑えるのです。

 

だから、正確に言うと、『ステロイドでアトピーが治る!』というのは間違った表現なんです。ステロイドはあくまでも炎症を抑える効能があるだけなので、アトピーそのものを治すことはできないんです。

 

燃え上がった炎症を急速に沈め、肌のターンオーバーを正常化し、綺麗な肌を作るために軌道に乗せるのがステロイドの役割。

 

だから、アトピーを根本的に治す方法ってないんですよね。存在しません!もし、そんな方法が存在するなら、ノーベル賞もんでしょう!

 

そして、当然のことながら乳酸菌もアトピーの根本治療は不可能なのです。

 

では、どうして『乳酸菌がアトピーに効く!』と言われているのでしょうか。これはウソなのでしょうか。

 

答えは、NO!実は、乳酸菌とアトピーは相性バツグンなのです。

 

アトピー性皮膚炎対策に乳酸菌が選ばれているたった1つの理由

アトピーにも効く?痒みを抑える乳酸菌サプリメントランキング成人アトピー克服ステップ③睡眠中のかきむしりを止める方法でも詳しく書きましたが、乳酸菌はアトピーとの相性がバッチリなんです。

 

先ほど『アトピーを治す方法はない!』と書きました。これはまぎれもない事実です。しかし、アトピー患者が望んでいる最終目標である『アトピーの完治』にたどり着くまでに、アトピー対策ってたくさんありますよね。

 

  • 掻きむしりの抑制
  • 肌の再生
  • 食事コントロール
  • 質のいい睡眠の確保

 

これらの対策を一つ一つ実践することによって、最終的にアトピーの克服が待っているのです。

 

もうおわかりですね?乳酸菌は、アトピーの根本治療はできないまでも、重要なアトピー対策に力を発揮してくれるのです。

 

①掻きむしりの抑制効果が予想以上!

わたしが摂取している乳酸菌には、アレルギー症状に作用し、寝ている間の痒みを劇的に抑えてくれる効能があるのです。

 

その乳酸菌とは植物性ラクトバチルス乳酸菌という種類の乳酸菌。

 

最近では幾つかのメーカーが、アレルギー症状とラクトバチルス乳酸菌との関係に注目し、研究がすすめられているようです。今の所、ラクトバチルス乳酸菌を摂取する方法は、アレルナイトプラスというサプリメントを飲む方法しかないのですが、そのサプリメントを寝る前に飲むと、寝ている間の掻きむしり衝動が抑えられました。

 

わたしはこれまでザイザルやエスピジンといった抗ヒスタミン薬を寝る前に飲んでいましたが、その効果がなかなか現れず、夜になんども痒みで目が覚めていたのです。

 

ところがアレルナイトプラスを飲むようになってから、そんな痒みの目覚めも抑えられ、朝まですっきりする回数が増えました!

 

アトピーの症状を悪化させる大きな原因って、やっぱり『掻きむしり』ですよね。成人アトピー克服ステップ③睡眠中のかきむしりを止める方法にも書きましたが、掻きむしりを抑えるだけで、アトピーから回復するスピードがかなり速くなります。

 

だから、アトピー対策の中でもっとも大切なことは、『いかに掻かないか!』ということで、その課題に対し、アレルナイトプラスはかなり効果的に効いてくれているのです。

 



 

良質な睡眠はアトピーの改善に必須!

アレルナイトプラスがアトピー患者に選ばれている理由は、痒みを抑えるだけじゃないんです。

 

もう一つ大事な大事な効能は、『良質な睡眠が得られる!』ということです。

 

アレルナイトプラスには良質な睡眠を誘う6つの成分が配合されているんです。

アレルナイトプラスの口コミ

 

それぞれの成分一つ一つの効果はそれほど高くないのかもしれませんが、6種類の効果が混ぜ合わさって、かなり力を発揮してくれています。

 

もちろん、睡眠導入剤のように翌朝まで眠気が続くという副作用もないので、OLの方・サラリーマンにも安心です。

 

寝ている間の掻きむしりを抑えつつ、良質な睡眠に誘ってくれるアレルナイトプラスはアトピーの悪化に悩む方にドンピシャの乳酸菌サプリでしょう。

 

なお、公式ネットショップ限定で販売されているアレルナイトプラスは、薬事法の関係で、『アトピーの症状が改善する!』というような直接的な表現はできないようです。

 

そして、わたしには効いてくれましたが、その効果は人によって差が出てくる可能性もあります。

 

ただ、辛い症状の改善には何かしらの効果があると思いますので、寝苦しい夜を過ごしている方は、一度試しにアレルナイトプラスを飲んでみてはいかがでしょうか。

 

寝ている間の痒みやムズムズをストップ!
アレルナイトプラスの公式ショップはこちら

シェアをお願いします。


コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。